大竹和紙とは
  • 大竹和紙の歴史
  • 和紙づくりと風土
  • 手描き鯉のぼり
  • 大竹和紙の今
  • 大竹和紙に触れる
大竹和紙にふれる「生産・販売・体験」
手すきの作業風景や道具類の見学、和紙のハガキづくりが体験できます。

大竹手すき和紙の里

大竹手すき和紙の里
  • 住所:〒739-0631 広島県大竹市防鹿3365
    [googleマップ]
  • 電話:090-5370-2463(おおたけ手すき和紙保存会・森本)
  • 開場日:火曜、木曜(10時~12時)
          第2,4日曜(10時~15時)
  • 交通:山陽自動車道「大竹IC」から車で約10分
         JR山陽本線「大竹駅」からタクシーで約5分
  • はがき体験:2枚800円(小学生以下 2枚600円)



見学や紙漉き体験をご希望の方は、1週間前までに電話予約のうえお越しください。

いろいろな種類の大竹和紙のほか、工房のオリジナルグッズを販売しています。

大竹和紙工房

大竹和紙工房
  • 住所:〒739-0611 広島県大竹市新町1-5-1
    [googleマップ]
  • 電話:0827-52-3641
  • 営業:月・火・金・土の10時〜16時 ※除祝日
  • 交通:広島駅から山陽自動車道で30分
         JR山陽本線「大竹駅」から徒歩5分

大竹和紙工房は、大竹駅前商店街振興組合が市民ボランティアの協力のもと管理・運営しています。

  1. HOME
  2. >
  3. 大竹和紙とは
  4. >
  5. 大竹和紙にふれる